マツダ車 買取り

マツダ車の買取り査定

マツダ車を1円でも高く売るために

魅力的な車をどんどん発売して、人気絶好調のマツダ!

 

かつての”下取が安い”といったイメージも払しょくされ、今や高価買取り車種として高い人気を誇っています。

 

そんなマツダ車をより高く売るには、ネットの一括査定見積もりがおススメです!

 

一括査定見積もりなら、無料最大10社の見積もり比較が出来るので、概算買取り最高額がすぐ判ります。

車査定,廃車,車検,車売買

車査定,廃車,車検,車売買

 

負のスパイラルを乗り越えて復活したマツダブランド

 

マツダ車の買取り査定額は他の自動車メーカーに比べると極端に低いといわれる時期がありました。

 

これは、かつてマツダが新車を販売する時に、大幅な値引きをして売るという販売戦略を取ったためです。

 

新車を値引き販売すると、車そのものの価値が低下してしまい、その中古車は当然下取や買取り査定の相場も下落します。

 

一般の下取や買取査定が安くて売れないため、高く下取ってくれるマツダディーラーで新しいマツダ車に買い替えるという、俗に言う「マツダ地獄」と言われる負のスパイラルですね。

 

そんな「マツダ地獄」という、新車の過剰値引き販売による負のスパイラルを引き起こしていたのは、80年代から90年代後半までです。

 

2002年に発売された初代アテンザから、マツダは大幅値引きで数を売る販売戦略から訣別し、車そのものの魅力を前面に打ち出した販売戦略に方向転換しました。

 

そのためには、値引きをしなくても売れる車作りとブランド力の確立が必須で、初代アテンザはマツダの得意分野である「走る楽しさ」を具体化し、「Zoom-Zoom」というブランドフレーズを構築しました。

 

この「Zoom-Zoom」は今もマツダの商品コンセプトの基幹となっています。

 

そして今現在、マツダはSKYACTIVテクノロジーをベースに次々と「Zoom-Zoom」を具現化した魅力ある車を市場に投入しています。

 

フルSKYACTIV第1号として登場したCX−5は、デザインテーマの「魂動」を具体化した美しく力強いデザインと、従来の内燃機関の概念を覆すSKYACTIVテクノロジーが生んだクリーンディーゼルの、怒涛の動力性能により、高い評価を受けました。

 

その評価は販売実績にも表れ、値引きゼロの強気販売でも納車は半年待ち、販売開始から9か月で月間販売計画の3年分を上回る37,000台の受注を獲得するほどの人気車種です。

 

それぞれのデザインテーマを持った魅力的なスタイリングと、決して軸がぶれないSKYACTIVテクノロジーが生んだ、高効率で低燃費なエンジンよって、その後に投入された新型アテンザ、アクセラ、そしてデミオと、全て人気車種となり好調な販売を維持しています。

 

そして、もうすぐ登場する小型SUVのCX−3、新型ロードスターなどは既に市場から高評価を受けており、発売が待ち遠しいという声が多いですね。

 

マツダ車の買取り査定は低くない

 

車査定,廃車,車検,車売買

ブレない根幹技術で魅力ある車づくりに成功し、ブランドイメージの刷新してかつて言われた「マツダ地獄」を完全に脱却したマツダ車の買取り価格は決して低くなく、以前のような買取りや下取価格の低さに悩まされる事はありません。

 

むしろ他社に比べてマツダ車の買取り額は高いくらいで、それを実証するのがCX−5の中古車相場価格の高さです。

 

特にディーゼル車は2012年式で走行距離が5万キロを越えていても200万以上の値段となっていますから、人気の高さと買取り査定額の高さがうかがえます。

 

マツダ車の買取り査定記事一覧

アールエックスエイトの買取り査定について

現在お乗りの、アールエックスエイトを1円でも高く売るなら、買取査定一括見積もりサービスがお勧めです。中でもイチオシなのが、「かんたん車査定ガイド」という、無料一括見積もりサービスです。「かんたん車査定ガイド」なら、簡単な情報入力すれば、その場で概算見積もり額がわかります。また、大手買取業者最大10社...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険