マツダCX-3の価格

マツダCX-3の価格がわかったが。。

マツダCX−3、これは強気の価格以外何物でもない。

マツダCX−3の価格が判明しました。

 

今日、仕事から帰ったら、近所のマツダディーラーからDMがきてました。

 

中を開けてみると、CX−5のマイナーチェンジ版の情報に合わせて、この度発売されるCX−3のDMも。

自動車,新車

ネット上では既に価格公開されていたようですが、最近ネットを見ない私は、このDMでマツダCX−3の価格を初めて知りました。

 

価格は一番安いグレードのXD(2WD FF)で、237万6千円也。

 

うーん。。予想していた価格より20万以上高いですね、これは。

 

 

マツダさん、随分と強気に出ましたね!

 

 

新型デミオのディーゼルが販売好調ですし、ディーゼル車は売れると見込んでの価格設定なんでしょうかね。

 

まあデミオのディーゼルの売れ行きに関わらず、CX−3の価格はもう決まっていたんでしょうけど、個人的にはちょっと高すぎのような気がします。

 

たぶん、ライバル車種の設定が日産ジュークとホンダ ヴェゼルなんでしょうけど、ジュークもヴェゼルも190万円台が売れ筋のようですから、ターゲットユーザーがずれるんじゃないかと思うんですけどね。

 

デミオのディーゼルが178万円ですから、それから比べると車体がでっかくなったにしても、プラットフォームはデミオですし、内装の質感もデミオですからね。

 

それでこの価格差はちょっと、どうですかね。

 

”いいものは売れる”という、かつての幻想を見続けたマツダに向かっていないか心配です。

 

ちゃんとお客さんの方を向いてますか??ちゃんとお客さんの方を向いていたならば、210万円台からの設定になるべきではなかったかと思います。

 

 

マツダのSKYACTIVは凄いし、CX−3もカッコイイのは事実だが

 

自動車,新車

CX−5を筆頭に、マツダが展開してきたSKYACTIVテクノロジーは、今までの内燃機関の常識を覆す、素晴らしい技術で、その技術をベース生み出されたアテンザ、アクセラ、そしてデミオとどれをとっても本当にいい車だと思います。

 

画像出典:http://www.demio.mazda.co.jp/skyactiv/

 

全部顔がおんなじなのはいい加減飽きてきましたが、今度出る新型ロードスターはちょっと別の顔なのが救いですが。

 

 

個人的には、マツダのSKYACTIVテクノロジー以上の内燃機関って世の中に存在しないと思ってます。

 

その中で、あの石原おじさんのパフォーマンスに洗脳され、未だにディーゼルエンジンはきったねぇエンジンだ!って思い込んでいるユーザーがほとんどという市場に、クリーンディーゼルの一石を投じたマツダの勇気と言うかチャレンジャースピリッツは称賛に値します。

 

でもマツダっていつも新しい市場を一番に開拓するんだけど、後から来たトヨタに「ゴチ♪」って感じで美味しいところ持っていかれるんですよね。^^;

 

 

それはまあさておいて、そんな元気いっぱいで素晴らしいモノづくりの力を持ったマツダが作るCX−3も、個人的にはとっても美しくカッコイイと思うのです。

 

日本国内向けはディーゼルエンジンしかないそうですが、それは正解でしょうね。

 

 

その一方で、マツダらしさがだんだんと薄れてきているというか、違う方向に進み始めてないか?という気がしています。

 

SKYACTIVも好調で、円安の追い風を受けて今のマツダは絶好調状態だと思いますが、マツダはやっぱりZoom-Zoom、純粋に車を楽しむ人に愛されるべきメーカーであって、トヨタのような八方美人的な自動車メーカーにはなってほしくないと思います。

 

最近のマツダを見ていると、凄く良い車なんだけど、ディーゼルの怒涛のトルクとかほんと凄いんだけど、長期的にどういうブランド戦略でお客さんの方を向こうとしているのか判らないのです。

 

エンジニア連中の自己満足や企業の勝手なブランドイメージを押しつけようとしてませんかね?

 

 

マツダは個人的に大好きで、マツダ車にも乗り継いでいますが、あの忌まわしきバブルの頃の、国内5チャンネル体制みたいな、身の丈に合わない事をまさかまた言い出さないだろうなって。。

 

それだけを心配しつつ、マツダを応援している今日この頃です。

 

 

やっぱCX−3、かっけ〜な〜!!

 

でも高いわ。

 

 

 

自動車,新車

自動車,新車

私が買い替えを機に、愛車のプリウスを一括査定で複数の買取業者に見積もってもらったところ、下取り価格よりも33万円も高く売る事が出来ました。

 

また、買取業者間でも見積もり額の差が最大で28万3000円もありました。

 

車を売る時には、下取だけではなく「一社でも多くの査定金額を比較すること」が重要だと判りました。

 

私が利用したのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定見積もりサービスです。

 

申し込みはわずか1分、すぐに一番高い査定金額が判ります。

 

自動車,新車

 

「かんたん車査定ガイド」で一括査定できる買取会社(一部抜粋)

自動車,新車

関連ページ

新成人はプリウスが欲しいとか。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています
スズキハスラーが売れる理由
最新の自動車に関する様々な話題の中から、スズキハスラーが売れる理由について紹介しています。
新型シボレーボルト、今度はEVなのか?
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っていますデトロイトモーターショーでベールを脱いだ新型シボレーボルトの話題です
トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。話題の燃料電池自動車トヨタ「MIRAI」の受注に関する情報です
ガソリン安で息を吹き返すピックアップトラック
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。アメリカではガソリン安を受けて、ピックアップトラックの販売が好調です。
トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。トヨタ新型アルファード/ベルファイアが発表になりました!さてその評価はいかに?
マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトは如何に?
最新の自動車に関する様々な話題として、マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトについて紹介しています。
新型マツダ ロードスターは「人馬一体」を忘れていないか!?
最新の自動車に関する様々な話題で新型マツダロードスターのプロトタイプの情報を紹介
新型CX−5、スーパーボウルCMで真っ二つに!
最新の自動車に関する様々な話題として、新型マツダCX−5のスーパーボウルCMを紹介しています。
アストンマーティン ヴァンキッシュ、これは本当に心奪われる!
最新の自動車に関する様々な話題でアストンマーティン ヴァンキッシュについての情報などを紹介しています。
ホンダの新型ハイブリッド「ジェイド」は売れるか?
最新の自動車に関する様々な話題で、ホンダから発売された新型ハイブリッド「ジェイド」の話題を紹介しています。
S660プロトタイプの開発責任者は高卒の26歳!素晴らしいが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。ホンダS660プロトタイプの開発責任者に関する話題です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険