ホンダ ジェイド

ホンダの新型ハイブリッド「ジェイド」は売れるか?

ホンダの新型ハイブリッド 「ジェイド」はストリームの再来なるか?

ホンダから新型ハイブリッドとして、6人乗り乗用車「ジェイド」が発売になりました。

最近、品質問題で満身創痍気味のホンダですが、それらの対策も当然織り込まれての登場かと。

 

この「ジェイド」がストリームの後継車種になるようで、そのストリームといえば、かつてはドでかいミニバンが市場を席巻する中で、取り回しがし易くて人もいっぱい乗れるレジャーカーとして大ヒットしました。
自動車,新車
出典:http://www.carsensor.net/catalog/honda/stream/F001/

 

まさにニッチ市場のブルーオーシャンで独り勝ち状態だった初代ストリームですが、そんなブルーオーシャンをあの天下のトヨタが黙って見過ごすわけも無く、それはもう名古屋商人のえげつなさ丸出しの、コンセプトはおろか、ボディサイズまでが全く同じ「ウィッシュ」をぶつけてきました。
自動車,新車
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・ウィッシュ

 

その途端に、あれよあれよと言う間に「ウイッシュ」に市場を食われストリームは衰退の一途をたどる事に。。

 

その後、マイナーチェンジでフェイスリフトするも益々販売数は減少し、せっかくホンダが開拓したブルーオーシャンはあっさりとトヨタに占領されてしまいました。

 

そして、2代目のストリームが登場し、それまでウイッシュに奪われていた市場を取り戻しましたが、その頃にはこのカテゴリーの人気も下火で、かつてのようなドル箱市場の旨みも無く、ライバルに翻弄され続けたストリームは、2代目の2014年6月5日に生産中止になりました。

 

まあ売れる市場に参入するのは弱肉強食のビジネスとしては当たり前の事で最終的には強い方が勝つわけですが、このトヨタ商法にやられちゃった車種はストリーム以外にも数多くありますね。

 

例えば日産エルグランドも、フルサイズミニバンで独り勝ちだったのに、あの恐怖のアルファード様に根こそぎ顧客を持っていかれました。

 

エルグランドもフルモデルチェンジで対抗しましたが、怖い顔のアルファード/ベルファイアの牙城は崩せず。。ですね。

 

関連ページ:トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。

 

あとトヨタがこの商法で切り込んできたけど、全く歯が立たずに完敗を認めたのが、マツダの歴史的大ヒットで救世主になった赤いファミリアことファミリアHBです。

 

爆発的人気のファミリアに対し、瓜二つのスタイルのカローラUを投入するものの、ファミリアの牙城を揺るがす事は出来ませんでした。

 

当時、トヨタの方がインタビューでファミリアに似ているという事を指摘された時、「売れるものは真似します」と言い切ったのは未だに覚えています。

 

 

話が随分と逸れてしまいましたが^^;;、新型ハイブリッド「ジェイド」の話題に。

 

ターゲットはプリウスα、新型ウィっシュハイブリッドか?

 

新型ハイブリッド「ジェイド」のライバルはずばり、プリウスαか、2015年夏に登場が噂されている、新型ウィッシュのハイブリッドでしょうか。

 

ジェイドのスペックですが、パワーユニットは、1.5リットル直噴DOHC i-VTECエンジンをベースとしたハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD」を搭載しています。

 

車両スペックはというと、

諸元 ホンダ「ジェイド」 トヨタ プリウスα
全長(m)

4.650

4.645

全幅(m)

1.775

1.775

全高(m)

1.530

1.575

ホイールベース(m)

2.760

2.780

ほぼ丸被りですね。

 

ということで、プリウスαとの真っ向勝負のようですが、燃費で言うとプリウスαがJC08モードで26.2km/Lに対し、ジェイドは25km/Lなののでチョイ負けですね。

 

まあこれ位の差はほとんど関係ないので、あとはデザイン勝負ですか。

 

なお、ジェイドは6人乗りですが、プリウスαは最大で7人乗りという違いがありますが、恐らくホンダの判断は最近のファミリー層で考えると、夫婦に子供二人、あとはじいちゃん・ばあちゃんで6人なので、7人乗る事は殆どないだろうという事ですかね。

 

それはまあ正解かもしれません。

 

デザインは悪くは無いけど感動も無い

 

デザインに関しては人それぞれ好みがありますが、個人的な印象としては、まとまっていて悪くは無い、少なくともプリウスαよりは良いと思いますが、感動は有りませんでした。

 

まあこの手の車に感動的なデザインは必要ないかもしれませんが、なんかときめかないんですよね。

 

ふーんって感じで。

 

顔つきは最近のホンダ車の流れに沿ったデザインですが、これがまた印象が薄いというか、インパクトに欠けるんですよね。

 

上品なんだけど、なんだろ。。? すぐに飽きそうなんですよね。

 

後、インパネって木目ですかね??これはちょっときついなぁ。。

 

自動車,新車
出典:http://www.honda.co.jp/JADE/

関連ページ

新成人はプリウスが欲しいとか。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています
スズキハスラーが売れる理由
最新の自動車に関する様々な話題の中から、スズキハスラーが売れる理由について紹介しています。
マツダCX-3の価格がわかったが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。待望のマツダCX-3の価格が判明!!したけど。。
新型シボレーボルト、今度はEVなのか?
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っていますデトロイトモーターショーでベールを脱いだ新型シボレーボルトの話題です
トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。話題の燃料電池自動車トヨタ「MIRAI」の受注に関する情報です
ガソリン安で息を吹き返すピックアップトラック
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。アメリカではガソリン安を受けて、ピックアップトラックの販売が好調です。
トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。トヨタ新型アルファード/ベルファイアが発表になりました!さてその評価はいかに?
マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトは如何に?
最新の自動車に関する様々な話題として、マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトについて紹介しています。
新型マツダ ロードスターは「人馬一体」を忘れていないか!?
最新の自動車に関する様々な話題で新型マツダロードスターのプロトタイプの情報を紹介
新型CX−5、スーパーボウルCMで真っ二つに!
最新の自動車に関する様々な話題として、新型マツダCX−5のスーパーボウルCMを紹介しています。
アストンマーティン ヴァンキッシュ、これは本当に心奪われる!
最新の自動車に関する様々な話題でアストンマーティン ヴァンキッシュについての情報などを紹介しています。
S660プロトタイプの開発責任者は高卒の26歳!素晴らしいが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。ホンダS660プロトタイプの開発責任者に関する話題です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険