スズキハスラーが売れる理由

スズキハスラーが売れる理由

スズキハスラーは何故売れるのか?

スズキの軽自動車「ハスラー」の販売が相変わらず好調だそうです。

自動車,新車

 

画像引用:スズキ自動車公式HP http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

 

スズキハスラーといえば、もともとはバイクにあった商品名ですね。
スズキハスラー50という、オフロードタイプの原付バイクは、原付免許を取り立ての高校生に大人気のバイクでした。

 

今は亡き2ストロークのバイクですね。

 

そんな懐かしのハスラーの称号を与えられて登場した軽自動車版のハスラーは、2014-2015年次日本自動車殿堂カーオブザイヤー、2015年次RJCカーオブザイヤー、二つの栄冠を手にした車です。

 

カーオブザイヤーをとった車って、対して売れない事が多いんですが、このハスラーに関しては、2014年1月の発売と同時に注文が殺到し、その年の11月末までの11か月間で販売台数は9万5314台にもなったそうです。

 

ちなみに当初目標は月販5000台だそうで、なんと1.5倍近い勢いで売れているのですね。

 

大体どこの自動車メーカーも、新型車を発売した月にはこれくらいの倍率で売れてます!みたいな事を発表しますが、翌月からは沈黙がほとんどで、今時コンスタントにこんなに売れ続ける車ってホント珍しい。

 

ブレない商品コンセプトで若者の心を鷲掴みしたハスラー

 

スズキハスラーが生まれたきっかけは、

 

「雪道に強い軽自動車というものはないのだろうか」

 

というユーザーの声だったそうですが、雪道に強い軽自動車でスズキといったら、天下の「ジムニー」があると思うのですが、

 

ジムニーは無骨過ぎてお洒落じゃないしちょっとマニアックすぎだよな。もうちょっと女の子ウケが良い可愛らしい感じで、それでもって雪道も強そうなイメージのデザインじゃないとな。

 

という感じですかね。

 

実際、ハスラーのCMも、鳥山あきらさんのDrスランプアラレちゃんが今更登場して、可愛さとアクティブさをアピールしてます。

 

しかし鳥山あきらさんのアニメって、いつの時代になっても色褪せない魅力がありますね。

 

アラレちゃんなんて30年以上前のキャラですよ。

 

それはさておいて、やっぱりハスラーが売れた理由は、車のコンセプトと狙いのユーザー層が明確で、その軸がぶれていない事だと思いますね。

 

自動車に限らず、どんな商品でも開発する段階でターゲットユーザーを設定して商品企画をするんでしょうけど、なんか商品開発を進めている途中で、あれもこれもごっちゃになって来て、結局「はて?だれに売りたかったんだろう?」ってな感じになっちゃうパターンも多い気がします。

 

こういうのって、商品開発の途中で会社の役員とかのレビューを受けて、そこでその連中の主観や好みで”ああしろこうしろ”って言われて、渋々追加したりする場合が殆どだそうです。

 

若者がターゲットユーザーの商品に、ジジイが口を出してその意見なんて取り入れたらぐちぐちゃになるのは目に見えてますよね。

 

ていうか、上から言われてコンセプト変える時点で、お客さんの方を向いていないですよね。

 

その商品の開発主査は、”ジジイは黙っとけや!!”

 

っていえるくらじゃないとね。

 

まあサラリーマンだから仕方ないのかも知れませんけど、自動車に限らずそんな軸がブレブレな商品が通用するほど今のユーザーは甘くないと思います。

 

自動車の場合だと、若者の車離れというか、新成人が欲しい車の1位がプリウスってくらいですから、車は単なる移動の手段としか考えていない若者たちの心を動かすのって相当大変だと思います。

 

日本に自動車メーカーとか家電メーカーって、機能を作り込んでアピールするのは上手いけど(アピールは上手くないかも)、感性に訴える商品作りやアピールが下手です。

 

特にスマホなんて省電力だとかナントカのハード系を一生懸命作り込んでそれを前面に出してアピールしてましたが、アップルのiphoneとかは、iphoneを持つ事によって変化するライフスタイルや、それによって得られる感動や喜びを前面に出していて、機能はあくまでもそれを実現する為の手段と言うか裏方の役割でしかない。

 

そういったところの差が、日本のスマホが世界で勝てなかった要因かと。

 

話がそれましたが、ハスラーが売れた理由はやっぱり、ブレない商品コンセプトで若者の心を鷲掴みしたからだと。

 

スズキハスラーの中古車相場はどれくらいか?

 

てな訳で、若者を中心に人気爆発中の、スズキハスラーの、中古車ってどれくらいするんだろうか?

 

と思い調べてました。

 

スズキハスラーはまだ発売されて間もないので、中古車の玉数が少なく、ネット上の中古車情報では全国で600件でした。

 

中古車価格の相場は、100万〜250万とかなり高めです。

 

ていうかハスラーって、新車の車両価格が108万〜120万なので、今時点でハスラーの中古車を買う理由ってあんまり見当たらないですね。

 

250万のハスラーは、なんだかんだのフル装備仕様の車ですが、そこまでしてハスラーに乗りたいか・・と言われたら、私なら250万払うなら別の普通車買うかもしれません。

 

アラレちゃんに特別な思い入れもありませんし、きっと別の車買います。

 

 

 

自動車,新車

自動車,新車

私が買い替えを機に、愛車のプリウスを一括査定で複数の買取業者に見積もってもらったところ、下取り価格よりも33万円も高く売る事が出来ました。

 

また、買取業者間でも見積もり額の差が最大で28万3000円もありました。

 

車を売る時には、下取だけではなく「一社でも多くの査定金額を比較すること」が重要だと判りました。

 

私が利用したのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定見積もりサービスです。

 

申し込みはわずか1分、すぐに一番高い査定金額が判ります。

 

自動車,新車

 

「かんたん車査定ガイド」で一括査定できる買取会社(一部抜粋)

自動車,新車

関連ページ

新成人はプリウスが欲しいとか。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています
マツダCX-3の価格がわかったが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。待望のマツダCX-3の価格が判明!!したけど。。
新型シボレーボルト、今度はEVなのか?
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っていますデトロイトモーターショーでベールを脱いだ新型シボレーボルトの話題です
トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。話題の燃料電池自動車トヨタ「MIRAI」の受注に関する情報です
ガソリン安で息を吹き返すピックアップトラック
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。アメリカではガソリン安を受けて、ピックアップトラックの販売が好調です。
トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。トヨタ新型アルファード/ベルファイアが発表になりました!さてその評価はいかに?
マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトは如何に?
最新の自動車に関する様々な話題として、マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトについて紹介しています。
新型マツダ ロードスターは「人馬一体」を忘れていないか!?
最新の自動車に関する様々な話題で新型マツダロードスターのプロトタイプの情報を紹介
新型CX−5、スーパーボウルCMで真っ二つに!
最新の自動車に関する様々な話題として、新型マツダCX−5のスーパーボウルCMを紹介しています。
アストンマーティン ヴァンキッシュ、これは本当に心奪われる!
最新の自動車に関する様々な話題でアストンマーティン ヴァンキッシュについての情報などを紹介しています。
ホンダの新型ハイブリッド「ジェイド」は売れるか?
最新の自動車に関する様々な話題で、ホンダから発売された新型ハイブリッド「ジェイド」の話題を紹介しています。
S660プロトタイプの開発責任者は高卒の26歳!素晴らしいが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。ホンダS660プロトタイプの開発責任者に関する話題です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険