新成人はプリウスが欲しいとか

新成人はプリウスが欲しいとか。。

新成人はプリウスがお好き。。若者よ、それでいいのか!!

新しい年が明けて、今年も全国各地の成人の日には、大人の仲間入りを果たす若者の姿で賑わう事だろうと思います。

 

今年の成人の日は1月12日の月曜日だそうですが、それはさておいて、ちょっと興味深いといいうか、なんか車への憧れを抱いて青春時代を過ごしてきたおじさんたちにとっては、とっても寂しい感じのするニュースがありました。

 

こちらです。

 

ソニー損保は、新成人のカーライフ意識調査のアンケート結果を発表した。それによると、欲しい車のトップはトヨタ『プリウス』、2位は日産『キューブ』、3位はBMW『3シリーズ/5シリーズ』だった。

 

出典:http://response.jp/

自動車,新車

 

なんと、今年新成人を迎える若者たちが欲しい車が、プリウスとは。

 

マジで驚きました。

 

因みにプリウスが欲しいのは新成人を迎える男子で、新成人を迎える女子に一番人気は日産「キューブ」だそうですが、これって

 

はぁ?

 

って感じなんですけど、むしろこっちの方がネタとしては驚くべきなのかもしれません。

 

さらに、女の子の2位はトヨタ「パッソ」、まあこれはまだわかるかな。

 

で、3位は日産「マーチ」だそうで、これまた

 

はぁ??

 

って感じで、おいおい、軽じゃないのかよ?? ってツッコミたくなるんですけど、もしかして軽自動車を除くという条件付きのアンケートだったんですかね?

 

なんかちょっと不思議な感じがしないでもないですが、まあ天下のソニー損保さんの公表されているアンケート調査の結果なので、信頼度は高いんだろうと思います。

 

走る喜びやカッコイイ車への憧れは過去の記憶

 

私が二十歳の頃は、自動車は若者の必須アイテムであり、カッコイイ車や4年のモデルチェンジサイクルをきっちり守って、各自動車メーカーから続々と登場する新型車は憧れの的でした。

 

社会に出たての若造には、新車なんて買えるはずもなく、自動車雑誌で華々しく紹介される新型車を眺めては、いつかは必ず買うんだ!!という熱い思いと夢を膨らませていたものです。

 

スポーツカーでいえば、日産フェアレディZやマツダサバンナRX−7、コンパクトハッチで、湘南のサーファーご用達の、歴史的ヒット車種となり一世を風靡した、赤いファミリア。

 

まだまだヤンキーも全盛の時代でしたから、ヤンキーご用達のトヨタクレスタや、マークUグランデ、日産セドリック(430系)とか。

 

好みやジャンルは違えど、それぞれの若者たちが車を所有して、走らせて、週末には愛情をたっぷり注ぎこんでピカピカに磨き上げる。
休日休みのガソリンスタンドだって、洗車するスペースだけは解放してくれてたりしましたもんね。(田舎ですけどね)

 

それだけ、当時の若者は車への情熱があったんですよね。

 

とにかく就職して一番最初の目標は、「車を買う」でしたからw

 

ちなみに私が就職して一番最初に買った車は、あのカブトムシと呼ばれたフォルクスワーゲンビートルでした。

 

自動車,新車

画像引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

 

ボンネットが膨らんでてあんまり人気なかったので、安かったです。でもフラット4の独特のサウンドが好きで、4年間くらい乗りましたね。

 

なんてったってあのポルシェとおんなじエンジンですからw

 

こういった、車への憧れとか、車を持つ喜びや運転する事やいじる事って、最近の若者にはどうでもいいことなんでしょうかね。

 

ネットを通じてさまざまな娯楽やコミュニケーション手段がある現在は、確かに車がなくても暇を持て余すなんて事はないでしょうし、彼女とドライブに行かなくてもお家で一緒にゲームでもしてりゃそれでいいし、出掛けるならわざわざ自分で車を買わなくても、その都度レンタカーでも借りれば事が足りるって感じですね。

 

若者の車離れの原因は何か?

 

若者の車離れは、ここ数年前から言われていますが、こういったアンケート結果とか見るとやっぱりそうなんだな〜って思います。

 

その理由として、車自体に興味というか必要性を感じなくなったのかなと思いきや、

「車に興味がある」人が45.5%ながら、「車を所有する経済的な余裕がない」が70.7%となっている。車に興味がないわけではなく、所有する余裕がないことが、多くの新成人の実感なのかもしれない。

とか。

 

車は欲しいけど、維持するだけの経済的な余裕がない。

 

でもそれは多分昔も今も同じで、社会に出たばっかりの若造がいきなり百万円以上もする新車を買う事は出来ないのは当たり前(親の援助で買う奴もいましたが)で、やっぱりコツコツと少ない給料からマイカー購入資金を貯めて、やっすいオンボロの中古車だけど買う事が出来た時の喜びとか。

 

実際は、社会に出たての若者だってそれなりの企業に就職すれば、ローンで中古車くらいは買えるだけの給料とか貰えるんでしょうけど、やっぱりそこに投資する価値を感じないんでしょうね。

 

そんな風な若者が増えてしまったのは何故?

 

彼らが子供だった頃、周りの大人たちが車の楽しさとかカッコイイ車への憧れっていう感性の部分を見せてあげてないからじゃないかな?って思います。

 

今年二十歳を迎える子供たちが、思春期で感受性豊かな頃といえば、2008年くらいだと思いますが、2008年と言えば1バレル=150ドルとかいう異常な原油高騰で、ガソリン代が200円/Lを突破した頃です。

 

そんな状況の中、リーマンショックで経済はガタガタ。。お父さんは残業カットによる収入減で、家計は火の車の状態に突入したわけで、車に乗る度に「ガソリン代が高い」とか「燃費のいい車にがいい」と愚痴ってたんじゃないかと思います。

 

そんな会話を、家族車でなんの面白みも無い、専属運転手と化したお父さんが運転するミニバンの中で聞いて育った子供は、

 

「車というのは家族が乗れて燃費が良いのが一番!!」

 

と思うようになったんではないでしょうか。

 

子は親の背中を見て育つとはよく言ったもので、ミニバンの2列目、3列目シートからガソリン代や燃費を愚痴ってるお父さんとお母さんの背中を見て育ったわけですね。

 

車に乗る楽しさをもう一度見直そう!

 

某自動車メーカーでは、走る喜びを前面に出したブランド戦略を展開していますが、自動車メーカー各社には、こういった車本来の楽しさをしっかりと訴求した商品を開発してほしいと思います。

 

環境問題とか、持続可能な低炭素社会とか、自動車を取り巻く環境にはいろんな重要な課題もあるとは思いますが、今から大人になっていく子供たちが、自動車に憧れて夢を持って成長できる未来を是非とも作ってほしいと思います。

自動車,新車

 

 

自動車,新車

自動車,新車

私が買い替えを機に、愛車のプリウスを一括査定で複数の買取業者に見積もってもらったところ、下取り価格よりも33万円も高く売る事が出来ました。

 

また、買取業者間でも見積もり額の差が最大で28万3000円もありました。

 

車を売る時には、下取だけではなく「一社でも多くの査定金額を比較すること」が重要だと判りました。

 

私が利用したのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定見積もりサービスです。

 

申し込みはわずか1分、すぐに一番高い査定金額が判ります。

 

自動車,新車

 

「かんたん車査定ガイド」で一括査定できる買取会社(一部抜粋)

自動車,新車

 

関連ページ

スズキハスラーが売れる理由
最新の自動車に関する様々な話題の中から、スズキハスラーが売れる理由について紹介しています。
マツダCX-3の価格がわかったが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。待望のマツダCX-3の価格が判明!!したけど。。
新型シボレーボルト、今度はEVなのか?
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っていますデトロイトモーターショーでベールを脱いだ新型シボレーボルトの話題です
トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。話題の燃料電池自動車トヨタ「MIRAI」の受注に関する情報です
ガソリン安で息を吹き返すピックアップトラック
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。アメリカではガソリン安を受けて、ピックアップトラックの販売が好調です。
トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。トヨタ新型アルファード/ベルファイアが発表になりました!さてその評価はいかに?
マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトは如何に?
最新の自動車に関する様々な話題として、マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトについて紹介しています。
新型マツダ ロードスターは「人馬一体」を忘れていないか!?
最新の自動車に関する様々な話題で新型マツダロードスターのプロトタイプの情報を紹介
新型CX−5、スーパーボウルCMで真っ二つに!
最新の自動車に関する様々な話題として、新型マツダCX−5のスーパーボウルCMを紹介しています。
アストンマーティン ヴァンキッシュ、これは本当に心奪われる!
最新の自動車に関する様々な話題でアストンマーティン ヴァンキッシュについての情報などを紹介しています。
ホンダの新型ハイブリッド「ジェイド」は売れるか?
最新の自動車に関する様々な話題で、ホンダから発売された新型ハイブリッド「ジェイド」の話題を紹介しています。
S660プロトタイプの開発責任者は高卒の26歳!素晴らしいが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。ホンダS660プロトタイプの開発責任者に関する話題です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険