トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調

トヨタの燃料電池車「ミライ」の受注が好調

トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」は普及するのか?

トヨタ自動車は15日、世界初の一般向け燃料電池車(FCV)燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の受注台数が、昨年12月15日の発売から1カ月経過した今月14日時点で約1500台に達したと発表した。年間の国内販売計画(400台)の約4倍に上り、関心の高さが裏付けられた。

 

トヨタが市場投入した燃料電池自動車の受注が好調のようです。

 

このMIRAI、車両価格は723万6千円で、国の補助金を使うと520万円だそうですが、それでも買う人は買うんですね。

 

受注の内訳は、官公庁やエネルギー関連などの企業が約6割、個人が約4割って事なので、まあどっちかというと燃料電池自動車を普及させないといけない方々が大部分で、後はお金持ちでエコ意識が高いもしくは新しいもの好きの目立ちたがり屋さんが買ったという感じですかね。

 

少なくとも一般庶民が無理して買ってるのは、まあほぼゼロなんじゃないかと。

 

ロードマップ通りの燃料電池車を市場投入するトヨタの企業力の凄さ

 

トヨタ自動車は、うろ覚えの記憶ですが確か2008年頃に公表した、トヨタの技術ロードマップの中で、2015年にFCVを市場投入すると公約していました。

 

その公約通り、2015年にドンピシャッっと燃料電池自動車「MIRAI」を市販したトヨタの企業力は改めて凄いなと。

 

燃料電池は、水素が燃料になりますがこの水素を充填可能な水素ステーションのインフラ整備はまだまだ今からです。

 

燃料電池自動車の普及に関しては、多量の貴金属を使用する燃料電池のコストの高さと、高圧で水素を充填する燃料タンクの安全性の確立がネックになり、将来的な普及拡大には懐疑的な意見が多く、水素元売り各社は、そういった状況の中で積極的なインフラ整備への投資は行っていないのが現状です。

 

燃料供給インフラが整っていない車を開発するのって、さぞかしモチベーションが上がらなかったんじゃないかと思うのですが、トヨタのエンジニアの皆さんはそんな状況でも開発に邁進して、ロードマップでの公約通りMIRAIを市場投入したのですから、これは凄いとしか言いようがないです。

 

 

トヨタ社内での突き上げも凄かったんでしょうね、きっと。

 

燃料電池車は本当にエコなのか?

 

自動車などの燃費の考え方に、well-to-wheelという考え方があります。

 

そのまんま訳すと「井戸から車輪まで」という事ですが、現状走っているガソリン車なら、油田から油をくみ上げ精製してガソリンを作って、それでクルマの車輪を動かすまでという事です。

 

そしてこれらの過程で発生するCO2を合計して、ガソリン車1キロメートル走行あたりに排出されるCO2を算出するという考え方ですが、なんかややこしい話だったりしますが、詳しく知りたい方は”well-to-wheel”でググるといろいろ勉強できそうなサイトがヒットします。

 

で、そのwell-to-wheelで評価すると一番いいのは電気自動車で、FCVはガソリン車よりは良いが、電気自動車には全く歯が立たないんだそうです。

 

なので、エコカーは誰だ!みたいな議論になると、必ずEVが一番!って話になるんですけど、ぶっちゃけそんなことはどうでもよくて、

 

「EVは走行距離短すぎでしょ」=いらね

 

が現状。

 

究極のエコカーのEVが凄いねって言われるには、最低でも航続距離400kmだな。

 

 

ちなみに水素の値段は1000円/kgで、MIRAIを満タンにすると燃料代は4300円だそうです。航続距離は700kmだそうなので、まあ8割掛けで560kmくらいですかね。

 

 

自動車,新車

自動車,新車

私が買い替えを機に、愛車のプリウスを一括査定で複数の買取業者に見積もってもらったところ、下取り価格よりも33万円も高く売る事が出来ました。

 

また、買取業者間でも見積もり額の差が最大で28万3000円もありました。

 

車を売る時には、下取だけではなく「一社でも多くの査定金額を比較すること」が重要だと判りました。

 

私が利用したのは「かんたん車査定ガイド」という一括査定見積もりサービスです。

 

申し込みはわずか1分、すぐに一番高い査定金額が判ります。

 

自動車,新車

 

「かんたん車査定ガイド」で一括査定できる買取会社(一部抜粋)

自動車,新車

 

関連ページ

新成人はプリウスが欲しいとか。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています
スズキハスラーが売れる理由
最新の自動車に関する様々な話題の中から、スズキハスラーが売れる理由について紹介しています。
マツダCX-3の価格がわかったが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。待望のマツダCX-3の価格が判明!!したけど。。
新型シボレーボルト、今度はEVなのか?
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っていますデトロイトモーターショーでベールを脱いだ新型シボレーボルトの話題です
ガソリン安で息を吹き返すピックアップトラック
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。アメリカではガソリン安を受けて、ピックアップトラックの販売が好調です。
トヨタ新型アルファード/ベルファイア!顔が。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。トヨタ新型アルファード/ベルファイアが発表になりました!さてその評価はいかに?
マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトは如何に?
最新の自動車に関する様々な話題として、マツダ アテンザ / CX-5 改良新型の、マツダコネクトについて紹介しています。
新型マツダ ロードスターは「人馬一体」を忘れていないか!?
最新の自動車に関する様々な話題で新型マツダロードスターのプロトタイプの情報を紹介
新型CX−5、スーパーボウルCMで真っ二つに!
最新の自動車に関する様々な話題として、新型マツダCX−5のスーパーボウルCMを紹介しています。
アストンマーティン ヴァンキッシュ、これは本当に心奪われる!
最新の自動車に関する様々な話題でアストンマーティン ヴァンキッシュについての情報などを紹介しています。
ホンダの新型ハイブリッド「ジェイド」は売れるか?
最新の自動車に関する様々な話題で、ホンダから発売された新型ハイブリッド「ジェイド」の話題を紹介しています。
S660プロトタイプの開発責任者は高卒の26歳!素晴らしいが。。
最新の自動車に関する様々な話題を中心に、感じたことなどを綴っています。ホンダS660プロトタイプの開発責任者に関する話題です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 車を買う時 車を売る時 車を楽しむ時 自動車の車検 車の廃車 自動車保険